全国各地でスタンドが赤く染まる!カープ女子は今や全国区!

プロ野球はかつて、ファンといえば男性が中心でした。自宅ではお父さんがいつもテレビで巨人戦を見ていた…それは昭和の定番風景とも言えました。しかし、近年はプロ野球のスタジアムにも多くの女性ファンの姿があります。しかも、「カープ女子」と呼ばれる広島カープファンの女性に代表されるように、女性の間でもプロ野球ファンが広がっているのです。

広島カープの本拠地は広島市にあるマツダスタジアム。広島カープの主催試合があるたびに多くのファンの方が観戦されています。その多くは当然、広島カープファンであり、スタジアムはチームカラーの赤一色となります。これはマツダスタジアムが広島カープの本拠地であり、お膝元であるために、広島カープファンが多いのもうなづけます。

しかし、例えば東京ヤクルトスワローズの本拠地である東京の神宮球場。このスタジアムで行われる広島カープ戦。ライトスタンドはヤクルトスワローズ独特の傘の応援が見受けられますが、レフトスタンド側はなんと広島カープファンで真っ赤に染まっているのです。外野スタンドだけでなく、内野席に目を転じてみても、明らかにスタジアムは赤色優勢なのです。しかも、いわゆるカープ女子と呼ばれる女性ファンの姿がそこかしこにあるのです。

広島カープにとっては相手チームの本拠地。にもかかわらず、広島カープファン、またカープ女子の姿が目につきます。これは神宮球場に限ったことではなく、横浜スタジアムや西武ドームなど、他の球場でも同じことがいえます。それだけ、今やカープ女子は全国的に広がり、多くのスタジアムを席巻しています。

ところで、そもそもなぜ「カープ女子」が増え、今や全国区となっているのでしょうか。そのスタートは2009年、広島カープの本拠地が広島市内中心部にあった広島市民球場から、現在のマツダスタジアムに移転したことにありました。

かつての広島市民球場は座席も狭く、スタンド自体が急斜面だったために、足元に危険を感じることもありました。野球を観戦すること以外に特段楽しめる要素もなく、女性用のトイレは数が少なく、いつも長蛇の列。現在のマツダスタジアムにはフードコートやグッズ売り場など多彩に楽しめ、施設も充実していることを考えると、かつての広島市民球場は女性にとってはけして快適な環境とは言えず、ましてや小さなお子さまを連れてはとても行けないような状況だったのです。

本拠地がマツダスタジアムに移転して以来、広島カープは女性ファンを増やすためのグッズ販売に力を入れました。その結果、チームカラーが赤だったことも追い風になり、徐々に女性のカープファンは増えていきました。当初は「カープガールズ」と呼ばれていたものの、2013年、広島カープの女性ファンが急増しているという特集がニュース番組で取り上げられ、「カープ女子」というフレーズが誕生しました。

「カープ女子」は2014年には流行語大賞にもノミネートされるほど一世を風靡するものとなりました。全国各地のスタジアムで赤一色の空間ができるように、今や広島カープの人気、そしてカープ女子という存在が今や全国区となっているのです。

街はカープ一色!カープ女子を魅了する広島の街を紹介!

カープ女子の方にとって、とりわけ広島県外にお住まいであれば、やはり広島カープの本拠地・マツダスタジアムがある広島は一度は足を運んでみたい聖地ではないでしょうか。もちろんマツダスタジアムで広島カープの試合を観戦することがメインになるでしょうが、せっかく広島に足を運んだのであれば、広島の街を散策したいものです。街のあちらこちらに広島カープを感じられるだけでなく、なぜ広島の地にカープが誕生したのかという歴史や、広島の名物も心行くまで堪能することができるでしょう。

広島の街を見物するにあたって、非常に便利な存在なのが広島電鉄という路面電車です。広島市内の中心部を縦横無尽に走る路面電車はその距離や利用客数など日本トップクラスで、京都や大阪などで使用されていた鉄道ファンには懐かしい車両から、最新鋭の5両編成の低床車両まで、新旧様々な車両が走っています。

それだけでなく、広島電鉄はJR広島駅から、広島市の繁華街である紙屋町や八丁堀、さらには広島を代表する世界遺産の原爆ドーム、厳島神社をつないでいます。路面電車に乗ることで、市内観光だけでなく、日本三景である安芸の宮島まで足を運ぶことができます。これだけで広島の主な観光スポットを巡ることができるのです。また、原爆ドームの向かいにはかつての広島カープの本拠地だった広島市民球場の跡地があります。カープの聖地であり、戦後復興の象徴でもあった広島市民球場。跡地になってしまいましたが、当時に思いを馳せるのもオススメです。

このように、広島の街は世界遺産が2ヶ所もあり、観光という点では見どころも満載なのですが、忘れてはいけないのが名物もいろいろあるということでしょう。広島といえば思い出す名物…いっぱいあるかと思います。広島市内を走る路面電車に乗れば、そんな名物を数多く味わいながら観光を楽しむことができます。

広島といえば、やっぱりお好み焼きという方も多いでしょう。広島風お好み焼きの特徴は、クレープ状に焼いた生地の上にたっぷりのキャベツを載せるという点でしょう。さっぱりしていて食べやすい、そしてビールにも良く合う…まさに広島のソウルフードです。広島市の中心部である八丁堀には「お好み村」という、20軒以上のお好み焼き屋さんがビルの一角にあるという、お好み焼き好きにはたまらないスポットがあります。1950年代の屋台群がそのルーツともされており、広島の戦後復興の象徴でもあり、そんな歴史を感じながら、お気に入りのお店を探すのも楽しみの1つでしょう。

また、路面電車に乗って宮島まで行くと、名産の穴子を使った「穴子飯」や、全国でも生産高トップを誇る牡蠣も、そこかしこで味わうことができます。JR広島駅に降り立ち、徒歩10分と程近いマツダスタジアムで広島カープの試合を観戦したら、ぜひ見どころ満載の広島の街を舌鼓を打ちながら散策してみてはいかがでしょうか。中には店内がカープ一色というお店や、広島カープ出身の元選手が経営しているお店もあったりします。カープ女子にとっては歩き回るだけで楽しみ満載なのです。

カープ女子注目!カープグッズでおしゃれにコーディネート

今や「カープ女子」というフレーズが流行語大賞にノミネートされるなど、一躍ブームとなっている広島カープ。試合が開催されるスタジアムは広島だけでなく全国各地で赤いユニフォームを着たファンの姿が目立ちます。広島カープが女性ファンをひきつけた要因…それはチームそのものの魅力はもちろんのこと、プロ野球では唯一の赤をチームカラーにしていることが挙げられます。

赤が女性が好む傾向がある色だからこそ、いわゆるカープ女子はお気に入りの選手のレプリカユニフォームを着たり、趣向を凝らした球団から発売されているオリジナルユニフォームを着たりと、カープなファッションを楽しんでいます。チームカラーが赤だからこそ、ユニフォームやグッズをうまくコーディネートして、自分なりのファッションに仕上げているのです。それがカープ女子のココロをつかんでいる要因でもあります。

カープ女子は広島カープのグッズを活用して、思い思いにコーディネートしています。ビジター用のユニフォームは真っ赤に燃える赤が基調となっていますが、実は長い広島カープの歴史でも、真っ赤なユニフォームはこれが初めてのことなのです。しかし、この真っ赤なユニフォームがカープ女子を魅了しています。真っ赤なユニフォームに、日頃からはいているミニスカートとコーディネートすれば、着ているものがユニフォームだと感じさせないほど、かわいらしくコーディネートすることが出来ます。

広島カープグッズの中にはカンフーバットと呼ばれる応援グッズがあります。メガホンを細くしたような、2本のバットのような形状をした応援グッズですが、これをたたき合わせることで、より応援に力が入ります。広島カープのグッズはチームからの「赤」を基調としたものがほとんどであるため、赤のユニフォームを着こなし、そこにグッズを合わせれば、見事にマッチングするのです。ちょっとやんちゃな感じを出しながらも、赤が基調であることで、かわいさも強調してくれます。

このように、チームカラーが赤であるからこそ、女の子も野球観戦に出かけるためのコーディネートがしやすいのがカープ女子にとっても大きな魅力となっています。また広島カープのグッズやユニフォームにも、女性向けのオリジナルユニフォームやウェアも販売しています。

例えば、ビジター用の真っ赤なユニフォームの胸に書かれている「Carp」の文字がピンク色であしらわれているものや、広島カープのロゴが入ったピンクのTシャツなど、女性向けの商品も多く販売されています。また、イヤリングなどのグッズもあるため、ちょっとしたアクセントにもカープ女子をアピールでき、コーディネートの幅をより一層広がります。

その他にも、広島カープのキャラクターである「カープ坊や」や「スラィリー」、広島カープのロゴや好きな選手の背番号などをあしらったネイルアートをしているカープ女子もいます。お気に入りの広島カープのキャップをかぶれば、頭のてっぺんから足先まですべてカープ一色…でも、赤を基調にかわいくコーディネートでき、女子力の高いカープ女子になれます!

今やカープ芸人も…芸能界にもカープファンが続出!

10年前の広島カープと言えば、地元の広島では盛り上がりを見せるものの、その人気が全国区かと言えば、確かに広島以外にも広島カープファンはいたものの、今ほどの盛り上がりはありませんでした。関東の球場で行われる公式戦では、ビジター側の応援席は観客もまばらで…そんな光景を目にすることも少なくはなかったのです。

ところが近年の「カープ女子」に端を発する広島カープ人気もあって、今では相手チームの本拠地での公式戦であっても、カープ側の応援席は遠くから見るとスタンドが真っ赤になっているほど、多くのファンの方で座席が埋まっています。相手チームの本拠地なのに、カープファンの方が多く、球場のそこかしこに赤のユニフォームを着たファンの姿が目立つなんてことも、今や日常茶飯事になっています。

なぜそこまで広島カープの人気が高まったのか、そして「カープ女子」が誕生したきっかけは何だったのか…その1つに「カープ芸人」が広島カープを猛烈アピールして盛り上げたと言うことが挙げられます。

「カープ芸人」とは、あるテレビ番組の中で、広島カープについて語り合うために出演した広島カープをこよなく愛する芸人のことを指します。今まではあまり注目されなかった広島カープに関して、カープ芸人がディープに、そして面白く広島カープに関してのトークを繰り広げたことで、それまで地味な印象だった広島カープが一躍注目を集めるようになったのです。しかも、この番組を企画した側は当初、「本当に視聴率が取れるのか…」という心配もあったようですが、その心配もよそに、まずまずの高視聴率。それもまた、広島カープ人気を押し上げる要因となりました。

「カープ芸人」と呼ばれるお笑いタレントの代表格は、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんでしょう。今ではプロ野球関連の番組への出演も増えており、その中で広島カープについての深い知識を披露するシーンも良く見受けられます。また、同じくお笑いコンビのアンガールズも大の広島カープファン。ともに広島出身ということで、まさに生粋のカープファン。痩せていて、ひょろっと背が高い…にもかかわらずカープを熱く語るそのギャップも彼らの面白味なのかもしれません。

※今どきのカープ女子だって使ってる!お財布のマストアイテムはコレ!→http://cardloanninnki.com/part-time-job/

また、最近では数多くの番組の司会に引っ張りだこになっている有吉弘行さんも「カープ芸人」です。広島出身ということもあり、また広島県をアピールするポスターにも登場するなど、毒舌の中に地元愛を感じさせます。その他にもお笑いコンビのザ・ギースのギース尾関さんや、高学歴でも知られるロザン宇治原さんも「カープ芸人」として知られています。

その他にも芸能界で「カープファンです」という方も多くいらっしゃいます。人気デュオ・ケミストリーの堂珍義邦さんや、ミュージシャンの奥田民生さんなどなど、「カープ芸人」の枠を超えて、様々なジャンルの有名人にもカープファンが多いのです。このように「カープ芸人」が、それまで地味な印象だった広島カープを盛り上げたこと…それが広島カープの注目度を上げて、「カープ女子」という社会現象を生んだ要因の1つともなり、カープファンを代表し、そして引っ張っていく存在ともなっているのです。