カープ女子のための企画満載!カープならではのファンサービス

近年、プロ野球はサッカーにも押され気味で、人気にかげりが見られると言われています。読売ジャイアンツや阪神タイガースなどの人気球団であっても、ファン離れの傾向が見られる中で、特に何もしなくてもファンが増えるというような時代は終わり、各球団はそのチームの魅力を高め、新たなファンを獲得しようと、様々なファンサービスをするなど、経営努力をしています。

そんな中で、広島カープはプロ野球界で唯一、親会社がない球団であるために、球団として存続していくためには、自分たちでアイデアを出しあい、それを形にしてファンに提供していく…地道な経営努力が必要であり、それは何十年にも渡って、わずかではあるものの黒字経営を続けている要因となっています。ファンがあっての球団、地元に密着しての球団なのです。

そのため、他の球団にはない独自のファンサービスもたくさんあります。それがカープ女子ならず、すべての広島カープファンの心を満足させているのです。

広島カープの本拠地であるマツダスタジアムはまさにファンサービスの集大成と言えるでしょう。老若男女問わず、楽しんでもらえるスタジアム作り…それは寝ソベリアやパーティーフロアなど、個性あふれる座席スペースの数々にも表れています。また、時には地方から自治体のPRをするイベントとあり、試合が行われるたびにマツダスタジアムは少しずつ表情を変えます。「野球にはあまり興味がないんだけど…」という方でも、ファンサービスであふれたスタジアムに来ると、その雰囲気を楽しめるだけでなく、「気が付けばカープファンになってました!」という方も少なくはないのです。
また、時折「おっ!」と驚かせるようなファンサービスをすることも広島カープの特徴でしょう。

2015年には、ファンクラブ会員や一般のファンなど限定企画として、広島県外の広島カープファンにもマツダスタジアムでカープの試合を見てもらおうと、なんと新幹線を貸し切りにし、東京をスタートして、新横浜、名古屋、新大阪、新神戸と停車し、次から次へと広島カープファンを乗せるという企画を行いました。驚くべきは料金は観戦チケットと限定グッズの5000円のみで、片道の新幹線の料金は球団がもつという太っ腹。しかも、広島カープのOBが車掌を務めたり、選手が車内放送をしたりと、そのサービスには驚きの連続で、抽選はかなりの狭き門となりました。

その他にも数多くの企画でファンを楽しませてくれるだけでなく、毎年のようにバラエティー豊富で、ユニークなものもあるグッズもファンにとっては楽しみな要素でもあります。次はどんなことをしてくれるんだろう…と待つ側からすれば、飽きさせないのも広島カープのファンサービスの特徴です。プロ野球の12球団の中でもファンサービスに関しては顧客満足度がトップクラスだと言われています。一度スタジアムに足を運んだら、もう一度行ってみたくなる…リピーターも多く、女性のハートもしっかりキャッチし、また新たなカープ女子が誕生しているのです。

こんなにあるの?個性的なカープグッズがカープ女子を魅了!

今や空前の人気を誇っている広島カープですが、その魅力はチームそのものにとどまらず、「カープ女子」の中で非常に人気が高いのがグッズのバリエーションが非常に豊富であることです。ユニフォームやサインボールなどといった定番のものから、「えっ?こんなグッズまであるの?」という変り種まで、とにかくそのバリエーションは多岐にわたっています。他球団では見かけることがないレアグッズもあったり、女の子にとっては常に身に付けておきたくなるようなものもあったり、グッズのラインナップを眺めているだけでもワクワクしてくることでしょう。

グッズと言えば、代表的なものにユニフォームやメガホンなどといった応援のときに身に付けておきたいものが挙げられます。もちろんスタンダードな、現在のユニフォームをモチーフにしたレプリカユニフォームも販売されていますが、中には表はホームゲーム用、裏にひっくり返せばビジターゲーム用と、1枚のユニフォームが何とリバーシブルになっているものや、胸に描かれている「Carp」のロゴがピンク色であしらわれている女性向けのユニフォームもあります。また、小さなお子様をお連れの場合でも、お子様をカープ一色にコーディネートできるように、子ども用の小さめのサイズのユニフォームや、なんとカープ柄のロンパースまで販売されています。赤ちゃん用のカープユニフォームまであるのです。

また、スタジアムに足を運ぶ際にぜひ持参して、一緒に応援したい…そんなときのグッズとして、バット型のメガホンなども、毎年、様々なデザインのものが用意されています。夏場のスタジアムでの応援はどうしても暑さとの戦いとなります。ドーム球場の場合、空調が効いているために快適に過ごせますが、広島カープの本拠地・マツダスタジアムは屋外であるため、暑さ対策も必要です。そんなときのための、扇子やうちわといった、もちろんカープ色が満載の夏らしいグッズも取り揃えられています。

このように、グッズは試合を観戦する際に役立つものもありますが、日常生活の中で使えるものも多数あります。例えば、弁当箱やマグカップ、クッション、財布、ティッシュペーパー、ボールペン、クリアファイル、さらにはお好み焼きで有名な広島らしく、お好み焼き用の「へら」なども販売されています。さらに変り種のカープグッズとしては、例えば広島カープのキャラクターである「カープ坊や」をあしらったちょうちんや、ゴルフをされる方にとってはおすすめのゴルフボール、「カープ」らしくこいのぼりや、お子様向けのお風呂場での遊び道具、アイマスクや広島県廿日市市の名産でもある剣玉まで、とにかく様々です。

以上はあくまでも一例ですが、広島カープの公式サイトや実際のファングッズのショップなどに足を運べば、ちょっとしたグッズのウィンドウショッピングもできますし、購入することも可能です。また、グッズのショップはマツダスタジアムだけでなく、広島県内各地、また東京・銀座にあるアンテナショップなどでも購入することができます。また、グッズは毎年更新されるため、翌年にはさらに新しいグッズが誕生したり、その年限定となったりと、ラインナップはどんどん変化していきます。その時々のラインナップをしっかりチェックして、お気に入りのカープグッズを見つけてはいかがでしょうか?

2軍で地道が頑張る選手に魅力を感じるカープ女子

女性は地道に頑張っている男性に対して、母性本能をくすぐられてしまうもの。特に頑張ってもなかなか上手くいかないときは、背中を後押ししたくなる…そんな衝動に駆られる方もけして少なくはないのではないでしょうか。

今やファンが急増し、スタジアムをファンで埋め尽くしているほど人気が高まっている広島カープ。カープ女子という流行語が生まれるほどですが、その背景には広島カープ独特の地道な育成をしていくチームの方針も絡んでいるとされています。資金力ではどうしても他の球団に勝てないため、若手を育てて、強い球団に挑んでいく姿勢、それでもなかなか勝つことができない姿。頑張ってもなかなか上手くいかないことも多々あるが、強いチームに勝つこともある…そんな姿がカープ女子の心をくすぐるのでしょう。

プロ野球には1軍と2軍があり、主力選手で、テレビ中継でも放送され、大観衆の中でプレーする華やかな舞台の1軍。しかし、その一方で、2軍はそんな華やかな舞台に立つ日を夢見て、ひたすら地道に汗を流し、練習に励む舞台です。2軍でも試合が行われていますが、テレビ中継があるのはごく稀で、新聞を見ても、片隅に結果だけが小さく書かれている程度。プロ野球は華やかな印象がありますが、それとは真逆の地味な世界なのです。

しかし、広島カープの場合、育成してチームを強化していくため、2軍こそが将来のチームの行く末を左右しているといっても過言ではありません。実は最近では、お気に入りの選手を見に、2軍の試合などに足を運ぶカープ女子も増えているのです。目を付けた選手が将来のスターになることを祈りながら…。

広島カープの本拠地はマツダスタジアムですが、実は2軍にも本拠地があります。山口県の東部、今では岩国市となった由宇町です。ここに広島東洋カープ由宇練習場があります。JR山陽本線由宇駅からバスに乗るか、山陽自動車道玖珂インターチェンジで降りるか…いずれにしても、マツダスタジアムの利便性を考えると、とても辺鄙で不便な場所に立地しています。いかにも2軍…そんな雰囲気を感じるかもしれません。

また、2軍の練習はここだけではなく、広島市の西部にある廿日市市には広島カープの若手が暮らしながら、練習に明け暮れるための寮と練習場があります。JR山陽本線前空駅から歩いて5分ほど、瀬戸内海に浮かぶ宮島を眺めることもできます。当然、中に入ることは出来ませんが、運が良ければ、若手選手と出くわすこともあります。

2軍の選手は毎日、朝早くから練習に打ち込んでいます。寮生活をしている選手は特に、夜遅くまでみっちり練習に励む選手も多いのです。そういった選手の中から、お気に入りの選手を見つけ、一人前の選手になる姿を見続けることが出来る…そんな育成の楽しみもまた広島カープならではのものです。まるで自分が母親のように、また恋人であるかのように、選手が育っていく姿を追える…それが女性にとっては母性本能をくすぐられるものになるのでしょう。カープ女子が誕生した原点は、2軍で地道に頑張る選手たちの姿にあるのです。

カープ女子ならお得!魅力が詰まった女性限定ファンクラブ

ファンクラブと聞くと、アイドルを思い浮かべるかもしれません。ファンクラブに入ると、例えばコンサートが通常よりもリーズナブルな価格で、しかもファンクラブ会員でなければ座ることが出来ないような間近な席で見ることができる…などといった特典が目白押しです。

そんなファンクラブは何もアイドルだけのものではありません。実はプロ野球でも各球団が嗜好を凝らしたファンクラブを立ち上げて、毎年会員を募集しています。近年、「カープ女子」が流行語になるなど、プロ野球界でも一際注目を集める存在になっている広島カープでも、ファンクラブを立ち上げ、毎年多くの方が会員になっています。

広島カープのファンクラブにはいくつか種類があり、それぞれに入会条件や特典が異なります。年齢や性別を問わず、誰でも入会可能なカープファン倶楽部や、65歳以上のシニア向けのシニアカープ、中学生までの方が対象のジュニアカープといったものがあります。

そして、近年脚光を浴びている「カープ女子」ですが、広島カープはレディースカープという高校生以上の女性限定のファンクラブもあります。毎年、ファンクラブ会員の人数には限りがありますが、カープ女子にとって魅惑的で嬉しい特典が満載です。とりわけ空前のカープ人気であるだけに、カープ女子にとって、レディースカープは争奪戦ともなる人気のファンクラブです。

レディースカープは人気だけでなく、その内容も非常に充実しています。年ごとにその内容には変更がありますが、まずは何といっても広島カープの本拠地であるマツダスタジアムで行われる公式戦の内野自由席での観戦が20試合無料になるというものです。クライマックスシリーズ(CS)や一部の公式戦などが対象外となりますが、多くの公式戦を、しかも内野席で観戦できるのは嬉しい特典でしょう。また、これには時折開催されるマツダスタジアムでの2軍の試合が別途無料になります。気になっている選手がもし2軍にいるなら、ぜひチェックしておきたいところです。

また、2015年の場合、毎年シーズンオフ、秋に行われるキャンプが終わる頃にマツダスタジアムで行われるカープファン感謝デーの招待も特典に含まれています。ファン感謝デーは広島カープの選手たちが野球ではない競技をファンの方と楽しむなど、毎年ユニークな企画が盛りだくさんで、選手とファンがより身近に接することができるイベントです。憧れの選手たちとふれあえる可能性もあるだけに見逃せない特典です。

その他にもレディースカープの会員証や、他では買えないようなレディースカープ限定のオリジナルアイテムも特典としてついてくる場合もあります。限定だからこそ、持っているだけで誰かに自慢したくなること間違いありません。

カープ女子が急増し、スタジアムには女性ファンの姿をそこかしこで見かけるようになりました。カープ女子であれば、何かと嬉しい特典がいっぱいのレディースカープ。これでカープの選手たちをチェックできたり、もっと身近に感じられるチャンスも膨らむことでしょう。